◆◇ 北大路魯山人  備前 トクリ (共箱)  ◇◆


  8.5×8.0×12.4H (cm)

◆ 作品解説 ◆

 窯変がとても綺麗な徳利です。 昭和24年と27年に岡山・金重陶陽氏のもとで、備前作品を造っています。 金重家の土は、とても良い土で、備前焼にのめり込みました。この大振りな徳利は、 その土を使い桃山期の古備前の趣きを出し、口と肩に少し釉を掛け外はバランスよく覆っています。 壱面を平らに潰して持ち易くして、魯山人の工夫が自然に出た、魅力ある申し分のない名作に仕上がっています。 金重家の伊部土と窯を使って焼いた名品です。
・昭和27年(1952)の作品

  魯山人頁に戻る  


禁無断転載

copyright(c) 2000-2010株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp (☆を@に変換して下さい)