◆◇ 北大路魯山人  御本手 木乃葉文 長角皿 (黒田箱)   17.8×13.3×3.0H (cm) ◇◆

◆ 作品解説 ◆

 木の葉を題材にした食器は幾種類か有ります。 数が多いのは、昭和11年頃、製薬会社「わかもと」や安田火災保険会社 等の注文で焼かれた丸い皿で、 他にも備前等で葉を形取った作品も見られます。 この長角皿は魯山人らしい形で、縁取りが魅力的、使い易く何にでも使える大きさです。 毎日の食事に使え、菓子器、デザートにと用途は様々、おもてなしにも良く、 何時でも魯山人を身近に感じられる作品です。
・昭和15年(1940)頃の作品

  作品の詳細はこちらをご覧ください  



  魯山人頁に戻る 

禁無断転載

copyright(c) 2000-2009 株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp
 (☆を@に変換して下さい)