◆◇ 北大路魯山人  備前土 牡丹餅風 長皿 (黒田箱)  20.0×9.6×3.6H (cm) ◇◆

◆ 作品解説 ◆

 備前焼の土味がとても良く出た、素晴らしい焼き上がりの長皿です。 二つの丸い牡丹餅に、火襷が自然に施され、桃山期の古備前そのものようですが、 俎皿を小さくした形は、魯山人の独創です。 どんな食材にも合い、何を乗せても美味しく食べられます。 金重陶陽氏の伊部土と窯を使って焼いた名品です。 いにしえの備前の良さを表現出来るのは、陶陽氏が出来る位で、他の人では出来ない事のようです。
・昭和24年(1949)頃の作品

  作品の詳細はこちらをご覧ください 



  魯山人頁に戻る 

禁無断転載

copyright(c) 2000-2009 株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp (☆を@に変換して下さい)