◆◇ 北大路魯山人  於里扁 角切皿 (竹腰長生箱)  18.1×17.8×2.1H (cm) ◇◆

◆ 作品解説 ◆

 とても使い勝手の良い大きさで、食器以外にも使えそうな新鮮なデザインは、とても魅力的です。 織部釉の緑で半分位埋め、残りの部分に鉄絵の濃い焦げ茶色で、力強い太い線と繊細な細い線をバランス良く引いて、 とても気持ち好く綺麗に仕上げています。 魯山人独自の四方皿の隅を切り、洒落た感じを出し、中央を窪ませ四方を少し反らせた形は、 魯山人らしさをさらに印象付け、一目で魯山人の宇宙を感じさせます。 裏側もとても感じ良く仕上げ、見ていても使っても良く、身近に置きたい逸品です。
・昭和30年(1955)頃の作品

  作品の詳細はこちらをご覧ください 


 魯山人頁に戻る 

禁無断転載

copyright(c) 2000-2009 株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp
 (☆を@に変換して下さい)