◆◇ 北大路魯山人  阿ふ幾(織部) 鉢 (共箱)   ◇◆


  25.8×28.2×7.5H (cm)

◆ 作品解説 ◆

 この大きさの扇形の鉢は、魯山人のオリジナル作品で、品の良い絵柄の描かれた織部焼で多数造っています。 果実、肉、魚、野菜、どんな食材を盛っても良く合い、八寸や水盤花生けにも使っていました。 織部の深緑の発色がとても良く出て、奇をてらわない串団子の絵が、幾何学文様のようで、 いにしえの桃山期を思い起こさせます。たっぷり・どっしりとしたこの鉢は、お茶席やテ−ブルも華やぎ、 魯山人独自のとても人気が高い、素晴らしい扇鉢です。
・昭和10年(1935)頃の作品


 作品の詳細はこちらをご覧ください 



 魯山人頁に戻る 

禁無断転載

copyright(c) 2000-2009 株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp (☆を@に変換して下さい)