◆◇ 北大路魯山人  絵瀬戸 片口 (共箱) 19.0×15.4×9.0H ◇◆

◆ 作品解説 ◆

 とても使い易い絵瀬戸の片口です。 瀬戸焼きでコバルト(呉須)を使うと優しい淡青色に焼き上がり、片口としては割り高台で端正な形に、 ほんのりとした鉄絵と呉須が不思議に良く合います。 絵は魯山人独特の星印のような図柄でとても斬新で新鮮です。酒次や汁次は勿論、花を生けても面白く、 食器としても芋や煮物、くだものを盛っても好く、色々と用途が広がり楽しくなります。 焼き物や塗り物などで、片口のコレクションをなさっている方が多く見かけられますが、とても好いものです。
昭和23年(1948)頃の作品



 作品の詳細はこちらをご覧ください 

 魯山人頁に戻る 


禁無断転載

copyright(c) 2000-2010 株式会社 江戸屋美術
http://www.edoya.co.jp
info☆edoya.co.jp (☆を@に変換して下さい)